日常で使う認印について

公開日: 更新日:

日常で頻繁に使うことがある印鑑ですが、それぞれ意味があって、使われています。
最も使う「認印」についてここでは紹介します。

認印の用途

日常生活で印鑑を使うシーンで最も多く登場する印鑑です。

簡単な契約書や申込書などに使われることが多いです。
印鑑が多く使われる役所関係の書類は認印で済むことが多いです。

そのほかの用途としては、

  • 宅配便の受け取り
  • 学校への確認書類
  • 回覧板の確認
  • 各種契約書や申込書
  • 社内文書の承認

といったところです。

社会人になると、社内でも確認として頻繁に使うことも多くなるので、自宅とは別に会社用途して保管したり、常に持ち歩く人もいます。

認印は使用する頻度が多く、人に見られることが多い印鑑で陰影です。

実印と認印の違い

社会人になると「実印」を作ることも多いです。
実印と認印との違いは正しく知っておく必要があります。

  • 実印は捺印の用途が限定されている
  • 認印は実印以外の捺印に利用可能

ということです。

「実印」は用途が限定されますが、人生で重要な節目に利用されます。

  • 公正証書の作成
  • 遺産相続
  • 会社の役員になるとき
  • 自動車の取引き

など、そうそう起きることはないけど、責任の重い契約をするタイミングで必要になります。
そのため、実印は市役所・区役所に陰影を登録して効果が発揮されます。

それ以外は、認印で可能で、引っ越しの際の転出転入などは認印で済みます。

実印を求められない契約でも、認印だからと言って効力がないわけではありません。
何かしらの契約書に認印を捺印すれば、契約は成立するので、大切に管理しなければいけません。

シャチハタ、三文判との違い

簡単にハンコがほしいシーンはさまざまあります。
すべて認印だと結構大変ですよね。

そこで便利なシャチハタもあれば、三文判と呼ばれる100円均で販売される安価な印鑑もあります。
認印との違いがあります。

三文判

大量に安価に制作された印鑑です。
100円均やホームセンターなどでも購入できて、同じ陰影で大量に出回っています。

シヤチハタ印

朱肉を使わず、捺印するとしみ込んで、スタンプのように捺印できる印鑑です。
こちらも大量生産されています。

ゴム印で劣化しやすいので、重要な契約にはむきません。

シャチハタ、三文判に共通することは同一の印影で大量生産されることです。
混同や悪用される恐れがあるので、大切な書類に使うことは許可されないことが多いです。

三文判やシャチハタで済ますことができるのは、宅配の受け取り、回覧板、確認印として用いられるくらいです。

あと、シャチハタはゴム印で使用していくと劣化が早い難点もあります。
大切な契約書などは、朱肉を使う認印を使うことが望ましいです。

認印のつくり方

  1. サイズを決める
  2. 名前の彫り方を決める
  3. 書体を決める
  4. 印材を決める
  5. 購入するお店を選ぶ

認印のサイズ

認印の印鑑のサイズには決まりがありません。
実印と銀行印と混同を避けるため、もっとも小さいサイズの印鑑が望ましいです。

だいたい男性は、10.0-13.5mmの間、女性はもう少し小さい9.0-12.0mmが主流です。

彫る文字について

認印は、サイズが小さいので、物理的にフルネームを入れることは難しいサイズです。
必然的に苗字だけというオーダーが多いです。

苗字で作っておけば、自宅で家族共用の印鑑として使うことができます。

もちろん、認印なので決まりはなく名前だけでもいいですし、サイズを大きくしてフルネームで作成ということも可能ですし、その印鑑も有効に使えます。
使う状況を考えて作ることができます。

見やすい書体

書体は特に制限がないのですが、用途を考えると見やすい、わかりやすいものが望ましいです。

特徴ある読みにくい陰影だと、他人には誰のハンコかわからない場合もあります。
認印は確認のための印鑑なので、見やすくわかりやすい文字がベストです。

書体として、「隷書体」「楷書体」「行書体」「古印体」がいいです。

認印の素材

印鑑は、素材が豊富で、迷う人も多いです。
もちろん決まりはありません。

認印として人気が高い素材は「黒水牛」「薩摩本柘」「彩樺(さいか)」などがあります。
価格としてそれほど高くなく、実用性・耐久性を重視して選ぶ人が多いです。

認印のおすすめの購入先は「インターネット通販」

認印を購入する場合は、近くのハンコ屋かインターネットを使った通販サイトになります。
お付き合いのあるハンコ屋があればそちらの利用がよいでしょう。

近年はハンコ屋との付き合いも薄くなっているのか、印鑑は通販サイトで購入する人が増えています

通販といっても納期は早く、基本的なものは翌日には出荷され便利ですし、うれしいことに価格競争も行われ比較的安く、作成できることもあります。
最大手のハンコヤドットコムだけでも年間24万本作っているというから、その需要は高いことがうかがわれます。

安く購入するのであれば「はんこプレミアム(Inkans.com)」がおすすめです。

最後に

認印は、出番が多い印鑑なので、手に取る機会・人目に触れる機会が多いです。

自分の好みの良い素材で作ってみることも良いです。
お気に入りの一本をもっていると、周囲から好感をもって見られることです。

印鑑通販ショップおすすめBEST3

はんこプレミアム
はんこプレミアム
高級印鑑通販【Inkans.com】

卸売会社が運営する価格重視のお店です。ワンランク上の印鑑が安く手に入るので、自分用の実印や銀行印を買うならこの店です。私もチタンの銀行印、認印をかいました。

ハンコヤドットコム
ハンコヤドットコム
知名度No1 業界最大手

新聞にも広告を出すくらい最も有名な印鑑ショップです。全体的に価格は高めですが、梱包が丁寧で配送にもお金をかけています。印鑑をプレゼントする場合や、保管をすることが多い会社の印鑑を作る場合には最適なお店。

はんこdeハンコ
はんこdeハンコ
仕上がりを確認できる印鑑プレビューが無料

人気素材を組み合わせた夫婦用印鑑セットが用意されるなど、女性の需要にも力を入れているお店です。ソフトケースが付属するなど価格を安く、サービスもいいのが特徴。