no

法人印鑑の登録について

公開日: 更新日:

法人の印鑑には、いくつか種類があります。
法人設立時に登録が必要な印鑑もあるし、銀行口座を作る際に登録が必要になることもあります。

ここでは法人業務で必要になる、登録する印鑑について登録方法など紹介します。

法人で使う印鑑

まず、会社ではいくつかの印鑑を使います。

代表者印
銀行印
角印

これらが主な法人印です。

そのほか日常業務では従業員の個人名の認印や書類のメモなどに使うゴム印、住所印などがあります。

この中に「登録が必要な印鑑」は、いわゆる「代表者印」です。

会社の実印、法人印などとも呼ばれ、法人の設立時に必ず法務局に登録している印鑑です。

代表者印は会社における実印

代表者印は、法人設立に法務局に届け出ているので、会社には必ず存在する印鑑です。

他社との契約書には必ず代表者印を求められ、その印鑑が法人登録されていることを証明する印鑑証明の提出を求められることも多いです。
それだけ、代表者印を捺印する書類は会社でも上層の判断により行われる重い契約となっています。

その分、日常的な業務の中では見かけることはないです。
重要な基本契約書や資金の借り入れの書類などに捺印を求められるケースが多いです。

個人の実印同様に、頻度は少ないけど、重要な書類に必要です。

代表者印の登録について

1つの法人には必ず1つの代表者印を法務局、または公証役場に届け出なければいけません。
新たに法人を設立する場合は、法人登記と同じタイミングで、代表社印を届け出る必要があります。

ただ、法人登記の際は、代表社印のほかに、発起人や取締役の個人の実印が必要になります。
こちらは個人の印鑑登録で、市役所など住民票を管理しているところで取得が必要になります。

法人の登記はおそらく司法書士または行政書士と一緒に行うと思うので、実印や印鑑証明が必要なタイミングを教えてくれます。

それまでに会社の代表社印を作っておき、必要であれば個人の印鑑登録もしておくといいです。
忙しく、委任するにも印鑑は必要なので、時間があるときに早く取得しておくことが望ましいです。

代表社員を登録しておけば「印鑑カード」がもらえるので、簡単に印鑑証明の発行ができるようになります。

最後に

会社の印鑑登録は、法人登記と同じタイミングで行われるので、基本的に面倒なことはありません。

法人ではさまざまな契約に代表者印の捺印、印鑑証明の提出が求められます。
正しく保管しておきましょう。

印鑑通販ショップおすすめBEST3

はんこプレミアム
はんこプレミアム
高級印鑑通販【Inkans.com】

卸売会社が運営する価格重視のお店です。ワンランク上の印鑑が安く手に入るので、自分用の実印や銀行印を買うならこの店です。私もチタンの銀行印、認印をかいました。

ハンコヤドットコム
ハンコヤドットコム
知名度No1 業界最大手

新聞にも広告を出すくらい最も有名な印鑑ショップです。全体的に価格は高めですが、梱包が丁寧で配送にもお金をかけています。印鑑をプレゼントする場合や、保管をすることが多い会社の印鑑を作る場合には最適なお店。

はんこdeハンコ
はんこdeハンコ
仕上がりを確認できる印鑑プレビューが無料

人気素材を組み合わせた夫婦用印鑑セットが用意されるなど、女性の需要にも力を入れているお店です。ソフトケースが付属するなど価格を安く、サービスもいいのが特徴。